diymanのブログ

DIYを見るだけで上達するブログetc

本業忙し過ぎて更新ようやく。。そして

f:id:diyman:20170306043010j:image

 

こんな感じからスタートです!

 

 

f:id:diyman:20170306043059j:image

 

んで、この天板板を水性塗料のチークで塗ります。

 

 

diymanはこれ使ってます。

 

f:id:diyman:20170306043210j:image

 

 

大好きネオステイン!?

 

 

クハァ!

 

 

濃く塗りたいときは原液で、薄くしたいときは水で薄めたらいいだけ。

 

そう。

 

 

簡単ww

 

 

匂いもほぼないのでDIYには最適かとおもいます!なにより。。。

 

 

安いっ!?

 

 

多様な水性ステインはありますが、使用感、色の豊富さ、混ぜた時の発色などは間違いなく最高かと。

 

 

自分の好みでイメージしながらどんどん新色開発してくださいね!

 

 

またこのステインは使い方がテクニック山ほどあるんでしっかり特集で書いていこうと思ってます。

 

 

 でわビフォー。

 

f:id:diyman:20170306043059j:image

 

 

 

アフター!?

 

 

f:id:diyman:20170306043646j:image

 

 

ああ、、、素晴らしきかな水性ステイン。

 

 

一気に高級感増しましたね!

 

ちなみに分量はチークが2に対して水で1の割合。

 

2:1ですね!

 

 

ここでもたっぷり塗らず、だまにならならいように手早く塗りましょう!

 

 

 

じゃさっそく枠に接着します。

 

 

 すいません、急いでたせいで写真イマイチすくないってゆー。

 

 

大事なとこなのに。。泣

 

 

f:id:diyman:20170306044044j:imagef:id:diyman:20170306044330j:imagef:id:diyman:20170306044336j:image

 

まあさておき。

 

 

秘技木工ボンド山盛り塗りですねw

 

乗せた際にボンドがはみ出ないよう要注意でお願いしますね。

 

 

で、重しを雑誌とかなんやら家にあるもの乗せて放置します。

 

 

そして、、、

 

 

 

 

 

f:id:diyman:20170306044707j:image

 

 

キタァー!?

 

 

キッタァアー!!

 

 

 ヤッホーい!!

 

みたいになります。

 

 

色と天板すげーっす。

 

まじぱねーっす。

 

 

ぺげぇっす。

 

思い出たくさんありましたね。

 

f:id:diyman:20170306043010j:image

 

 

あんなことこんなこと。

 

f:id:diyman:20170306044804j:imagef:id:diyman:20170306044820j:image

 

 ありましたね。

 

 

うん。

 

 

長かった。

 

 

製作時間の10倍くらいブログ書くの時間かかってる。

 

 

ちなみにこの作品。

 

 

色塗って、乾かしたり、ボンド付けて乾かしたりした放置時間を抜いて作業時間

 

 

何時間でできたとおもいます?

 

 

、、、

 

 

 

、、、、

 

 

ファイナルアンサー?

 

 

 

残念!?

 

 

 

正解は、、、

 

 

1時間45分。

 

下手したら

 

1時間半w

 

 

 

1番の時短ポイントがホームセンターのおじさんに木材を完璧にきってもらってるところですかね!

 

 

 

 

下準備が大事なんです。

 

 

 

DIYは。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:diyman:20170306044707j:image

 

 

よしよし。ようやくおわりみえてきたw

 

 

あとは仕上げ編と引き出しに取手つけるだけです!

 

 

最後まで見きってくださいね!

 

 

ではまた!

 

塗装とゆう魔力解説。。。

こんばんわ!

 

アイコスにタバコを変えてなんだか、肺が軽くなった気がしてる単純な男、dimanでっす。

 

 

とうとう塗装まできましたねー。

 

 

いやー。塗装は今でも非常に重要としている作業ですし、また勉強中でもあります!

 

 

 

カラーチョイスによって圧倒的にクオリティがかわるといっても過言ではありません。。。

 

 

まずはビギナー向けの塗装なのですが、回を重ねながら上級者向けのテクニックもどんどんやっていきたいとおもいます。

 

 

f:id:diyman:20170302014144j:image

 

 

 

枠ができたので、床が汚れないようダンボールや、ビニールシートなどで垂れても気にしなくていいようにカバーしてください。

 

 

続いてペンキなのですが。

 

コレ。

 

 

f:id:diyman:20170302014849j:image

 

 

クラシックホワイト!

 

 

はいっ。

 

 

せーの

 

 

 

使用感!?w

 

 

クラシック感じますね。

 

 

時代はクラシックですよね。

 

そう。クラシックホワイトです。

 

水性です!

 

dimanは塗料は水性しかつかいません。

 

なぜなら

 

臭いから。

 

 

以上です。

 

これ室内でやる方にとって油性はかなり匂いがやばいです。

 

 

やっばいですぅ!

 

油性との違いは説明はしょりますが、

 

水性で十分です。

 

 

f:id:diyman:20170302015200j:image

 

 

ペンキの作業のポイントですが、

 

たっぷり行き過ぎないこと。

 

 

これにつきますね。

 

ペンキがすぐに垂れてくるので少なめくらいからやっていきましょう。

 

あとは一方向に塗ること。

 

 

丁寧に塗ること。

 

くらいです。

 

あとは仕上がりに応じて二度塗りしたらいいとおもいます。

 

一回でも十分です。

 

あとは下に張り付かないようこまめに対象物を回したりしながら液だれがないかしっかりチェックしてくださいね!

 

ほっといたら固まっちゃいますからね!

 

 

 

f:id:diyman:20170302015753j:image

 

そして今日。。なんと読者登録なるものがあるのが判明いたしました。

 

 

dimanはブログがちで初心者なんで。。

 

 リアルガチブログビギナーです。

 

はげみになりますのでココロが折れないよう応援よろしくおねがいします。

 

 

でわ🤘🏻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枠組み完成の巻

でわでわ枠組みつづきにまいります。

 

 

引き出しを収納する枠組みですね。

 

 

サクッとこんな感じに。

 

f:id:diyman:20170228135932j:image

 

 

引き出しの横幅が300ミリでしたのでギリギリで攻めたい人は2ミリから3ミリくらいで上の棒を設定してください。

 

303ミリから305ミリってとこです。

 

 

 

高さ、幅を合わせるのは前回できた引き出しをおいてみて、印をつけたりして引き出しの入り口を作ります。

 

f:id:diyman:20170228140450j:image

 

 

スムーズに出し入れするため下も3ミリあけるくらいで、なにか厚みのあるものをかまして隙間を作るようにすれば安心です。

 

たまたま近くにあったガラス板を挟んで入り口の高さを設定しました。

 

この挟んだまま横からビスを打つ感じですね。

 

f:id:diyman:20170228140823j:image

 

 

で、引き出しの高さにきったたての棒をはめこんで水平になってるかを確認してください。

 

 

f:id:diyman:20170228141107j:image

 

 

 

水平器とゆうやつですね。

 

DIYにはかかせないものなので是非用意してくださいね!

 

 

f:id:diyman:20170228141308j:image

 

 

使用感w

 

 

ビンテージ水平器w

 

 

 

で、同じ工程で引き出しの出口をつくったら。

 

 

これ。 

 

 

f:id:diyman:20170228141625j:image

 

最初にでてきたこの子達を、

 

 

真ん中、上と、ビスうちします。

 

 

一番下の板は引き出しが下におちないため。

 

真ん中は、プルーレイ、リモコンなどを置く板を置くため。

 

上はもちろん天板をつくるために設置します。

 

 

天板を固定するときに必要になるので

 

 

 

わかりにくいですがあとで天板付ける際に

 

 

「あーだからこれつけてたんや!」

 

 

的になるとおもいますので!

 

 

 右。

f:id:diyman:20170228142231j:image

 

 

 全体。

f:id:diyman:20170228142249j:image

 

 

みたいな感じになります!

 

 

 

前回つくった引き出しをいれると。。

 

 

 

 

バン!!

 

f:id:diyman:20170228142421j:image

 

 

 

wow

 

 

 

 

なりましたよね?w

 

 

 

なってくれ!?w

 

 

 ガシャ

 

f:id:diyman:20170228142543j:image

 

 

 

oh

 

 

ですね。

 

 

 

いよいよここまできたら天板編と、

 

 

色ぬり編に突入していきます!

 

 

ガラッとかわってきますんでお楽しみに!!

 

 

 

つづく。。。

 

 

引き出し完成の巻。。。

ではでは続きにまいりたいと思います。

 

はしっこをのこぎりで切り落とします。

f:id:diyman:20170227234054j:image

 

角度をかえて。。

 

 

こんな感じです。ぴったしでいきましょう。

 

f:id:diyman:20170227234235j:image

 

 ノコギリの使用感w

 

 

切り終えましたらのこりの1枚をビスでこていします。

f:id:diyman:20170227234328j:image

 

これは切ってスッポリはいるようにまた端をきってもいいですが、

 

diymanはあえて残します。

 

なぜかわかりますか?

 

そう。

 

 

めんどくさいからw

 

できるだけノコギリやりたくないとゆう想いから産まれたデザイン性とゆうものですね。

 

 

仕上がり見て皆さんでかんがえてくださいね!

 

f:id:diyman:20170227234717j:image

 

 

こんな感じにビスを打ちます。

 

始めての人にわかりやすくゆうのなら、

 

電動式のドライバーで3センチのネジを5箇所グリグリしていきます。

 

f:id:diyman:20170227234844j:image

 

2セットしたら完成!!

 

これでお好みの取っ手をつければもはやあなた色にそまった引き出し完成です!

 

まだ枠組みの引き出し部分説明してませんが、

 

フライングして。。。

 

 

 

 

スポっとな。

 

f:id:diyman:20170227234952j:image

 

wao!

 

アメリカ人もびっくり。

 

 

f:id:diyman:20170227235146j:image

 

 

レフトパンチ。。

 

 

マイクタイソンもびっくりの左ジャブ。

 

 

ズームでごらんください。。。

 

 

 

f:id:diyman:20170227235224j:image

 

はぁ。。。

 

 

この瞬間はやはりたまりません。

 

 

 

f:id:diyman:20170227234952j:image

 

 

だいぶらしくなってきましたね!

 

 

次のページでは引き出しをスッポリする部分を枠組みにつける作業を説明していきます!

 

 

意味がわからないところは是非コメントください!

 

でわ!

 

 

ps

 

 

今日の本職。

 

 

 

仕上がり。

 

 

f:id:diyman:20170227235519j:image

 

 

来た時。

f:id:diyman:20170227235721j:image

 

 

ハイライトを2ミリで。。 

f:id:diyman:20170227235741j:image

 

 

サラサラヘア大好きなんすよね。

 

ちなみに本職は美容師ですw

 

 

 

本日のお客さまでした🎶

 

 

ハイライト乱れ打ちして、プラチナベージュ濃いめをぶち込んでカラー材が残らないよう、除去トリートメントをして炭酸泉シャワーで余分なものを限界まで落とすとこんなサラサラになりました✂︎

 

 

 

 

 

 

簡単引き出しの作り方、考え方。

f:id:diyman:20170226233038j:image

 

では枠組みがひと段落したのでDIYをするものにとって非常に重要になってくる引き出しの作り方について説明してまいりまっす。

 

まずこの板ですが、天板に使うやつのあまりを使用しています。

 

ちなみに長さ300ミリ、幅89ミリです。

 

なんとなく把握しといてください。

 

f:id:diyman:20170226233236j:image 

 

並べます。。。。

 

はいっ。引き出しの底にみえますよね?w

 

みえない?まだみえないかw

 

f:id:diyman:20170226233640j:image

 

端に二枚立ててみます。

 

みえますよね!w

 

 

頼むみえてくれw 

f:id:diyman:20170227010001j:image

 

てやったら合体させます。

 

こんな感じに二箇所。。

 

f:id:diyman:20170227010059j:image

 

L字に合体!!

 

f:id:diyman:20170227010200j:image

 

 

を四つつくります。

 

お分かりでしょうか?

 

そう!!

 f:id:diyman:20170227010319j:image

 

枠組みに置いてみると、、みえたでしょ!

 

 

流石に!さすがにっ!

 

誰がなんと言おうと引き出しっぽいはず。。

 

f:id:diyman:20170227010436j:image

 

 

ちなみに底は三枚にしてます。

 

はばが89ミリ×3枚なんで、大体270です。

 

300の長さなので、前から後ろから箱にすると

 

30ミリ、3センチくらい余りますが。

 

出たとこはノコギリで切りましょー。

 

f:id:diyman:20170227010734j:image

 

んで、二つね!

 

 

もうあと出たとこきって取っ手つけたら間違いなく引き出し!できた!

できたよ!!

 

なので、300ミリの長さに底板3枚、横、縦、2枚づつ。

 

計7枚で引き出しは作れる!!!

 

 

毛先10センチで可愛いわ作れる!

 

ってシャンプーありましたねw

 

 

それはさておき。

 

 

できそうな気したでしょ?

 

してくれっ!w

 

まだあきらめないでくれ!

 

f:id:diyman:20170227011101j:image

 

こんな感じ。。

 

 

diymanは今回のテレビボードを作る際にまず引き出しの大きさを決めてからつくってます。

 

 

なぜかとゆうと、、、、

 

 

あとから引き出し作るのはめんどくさい。

 

 

そう。

 

 

めんどくさすぎる。

 

 

diymanの頭の中はこうです。

 

「ホームセンターの木の幅で、同じサイズきってもらって組み立てるだけにして引き出し作ってからテレビボードのサイズきーめよっと🎶」

 

そう、あとから引き出しつけるとめっちゃ木材切らなダメなんです。。

 

だから引き出しつくる家具作る際は引き出しのサイズ感きめてからホームセンターで並んでる木材をみていい幅と厚みがあるのをみつけてから製作してくださいね!

 

7枚ですよ!7枚!

 

2セットなら14枚!

 

名付けて、引き出し逆算の法則!!

 

これ結構つかえますw

 

うまくなってから後付けの引き出しはやるようにしましょーね!

 

f:id:diyman:20170227012150p:image

その3につづく。。。

 

 

 

 

 

DIY製作完全解説その1

はじめまして。diymanでっす。

 

仕事は大阪にて細々と美容室を経営しています。

 

趣味のDIYがいきすぎてもう店舗まで三件くらいDIYのみでセルフリフォームしちゃう始末。。。

 

早速テレビボード解説していきまーす!

 

ではではいきましょう。

 

本日依頼品の作り方  

 

こちらオシャンティクスTVボートですね。

f:id:diyman:20170225212918p:plain

無垢材です。私はパイン材か、スギとかしかつかいません。

 

なぜなら、安いからw

 

注意点なども随時、説明しながら初心者でもできるくらいにしていければとおもいまっす。

 

f:id:diyman:20170225213236p:plain

 

 

f:id:diyman:20170225213257p:plain

 

こんな感じのテレビボートがブログ読みながら作ると知らん間にできてもうたがなっ!!

 

 

的な感じの、クッ○パッドやディ○ゴスティーニ的な感じですかね?

 

 

だいたいそんなノリでいこうとおもてます。

 

 

ではさっそくいってみよー。

 

 

f:id:diyman:20170225213711j:plain

 

 

こんな感じで、木材買います。

 

 

あとで部材の長さや数量はまとめて紹介しますのでご安心を。

 

それをみながらホームセンターで木材カットしてもらったらパーツができて組み上げ方や、応用、デザインの考え方、仕上げのやりかた、色の塗り方など、細分化してお伝えしていきますのでしばらくダラダラみていてください。

 

 

まず枠組みですね。

 

まずは短いのと長いので床に置いて真横から50ミリのビスを電動ドライバーでうちます。

 

 

f:id:diyman:20170225214934j:plain

 

2セットいきます。

 

 f:id:diyman:20170225215053j:plain

斜めに2本うちます。

 

f:id:diyman:20170225215130j:plain

同じ長さのをもう一度同じ工程で。

これでなんかイメージわきましたかね?

したの木材の隙間は棒の太さですね。

 

これ大事なポイントなんですが、基本的に使用してる木材などでデザイン組むと組み立てやすいですし、デザインバランスがよくなります。

この辺はまた詳しくいづれ説明しますね。

 

 

f:id:diyman:20170225220051j:plain

そして真ん中をはかって繋ぎます。

 

この真ん中の棒の長さはあとで説明する、

棚がキッチリ収まる長さできっています。

 

基本設計図を書いてからホームセンターでおじさんに寸法を頼むので自分ではほとんどノコギリなどはつかいません。

 

おじさんがめっちゃきってくれるんでw

 

腕めっちゃ痛くなるからカットしずらくなるので楽したいんですw

 

 

なので3ページ目をお近くのホームセンターで木材カットしてくれるおじさんにブログみながら伝えてもらえれば

 

なんと、、、

 

 

 

組み立てるだけw

 

ついでになんかすげーってゆう眼差しをあなたは受けるはずw

 

んで、横に倒します。

 

f:id:diyman:20170225220654j:plain

下を薄いやつでつなぎますので。

 

ひきだしのレールがわりですね。

 

あとでわかります。

 

今ちなみに手前に倒して、ビスが垂直に打ちやすいようにしてます。

f:id:diyman:20170225220735j:plain

よこに同じ幅の板を置いて左右同じにしてください。

f:id:diyman:20170225220804j:plain

これは厚みが薄いのでまっすぐビスうちができるよう練習してくださいね。

 

で、倒してたやつもとにもどすとこんな感じに。

f:id:diyman:20170225220907j:plain

これでひきだしの下地オケー。

なんとなくテレビボート感が、、、

 

まだ?w

 

 

 

つづく。